スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日に思うこと

梅雨かと思うような、降ったりやんだりの天気が続いています。

雨が続くと、外の工事が思うようにできずに、

私たちにとっては、ちょっと困ったものなのですが、

今日は、この湿気について、書いてみたいと思います。

~~~予備知識~~~

日本では、当たり前のようにあるこの湿気は、日本の木造建築にとって常につきまとう、重要な問題です。

木は、湿気を吸ったり濡れたりしても、乾けば何も問題ありません。

逆に、濡れっぱなし(完全に水に浸かった状態など)でも、問題はありません。

半乾きの状態(湿っていて酸素がある状態)のときは、腐朽菌が付きやすく、腐れやすくなります。

また、木材と木材を組み合わせるときに、釘や金物が使ってあると、この金属部分が湿気を呼び、金属が錆びるとともに、木材も腐食していきます。

~~~壁の中の湿気はどこへ?~~~

さて、今朝、自宅から会社に向かう途中に、まさに今日棟上げするであろう建築現場がありました。

パッと見た感じの工法から、高気密高断熱などを謳っているハウスメーカーの仕様のようです。

棟上げが終わると、屋根工事、サッシ工事などの後に外壁工事が始まるはずです。

外部側は、構造用合板や、断熱材が一体になった外壁下地などが張られ、

室内側は、気密のためのフィルム(分厚いラップのようなビニル製品)が張られるはずです。

そうなると、柱の両面は、湿気を通さない(通しにくい)材料でサンドイッチされてしまします。

当然、湿気の逃げ場はなく、サンドイッチの中(壁の中)は、湿気がこもった状態となります。

木材は、腐れやすく、金属は錆びやすい状態になっているわけです。

雨が降ると、材料が濡れたり、湿気を含んでしまうのは避けられないことです。

現に、今日見た現場は、もう材料は濡れているわけで。


加えて、今日見た柱は、集成材でした。

集成材を濡らして良いことは一つもありません。

集成材というのは、木材の割れや節などを除いて、小さな断面の木材を接着剤で寄せ集めた木材です。

バラつきの大きい無垢材に比べて、強度のバラつきが小さく、強度計算がしやすい工業製品です。

この集成材は、人工的に機械乾燥された材料が使われています。

かなり乾燥された状態で出荷されていますので、濡れると一気に膨らみます。

私の経験では、105幅の集成材が濡れて、110幅ぐらいになっていたこともあります。4~5%変化するわけです。

不勉強のため、集成材に使われている接着剤がどのようなものか知りませんが、この木材の伸び縮みに追従していけるのでしょうか?

追従できなければ、接着材は剥がれ、断面の小さな木材に逆戻りです。

さらに悪いことに、集成材に使われている木材は、外材であることも多く、湿気に強いとは言えないような木材も多く見られます。

私たちにとっては、木材の寸法が5㎜も変わってしまったら、壁がまっすぐ作れません・・・

~~~湿気と付き合っていくには~~~

壁の中に湿気を閉じ込めてしまうのは、家のためには避けたいことです。

湿気の出入りが可能な方法で壁を作るべきです。

壁を土壁にして、室内仕上げをしっくいや、板壁などの湿気が抜けるような作りにするのが良いです。

厳密に言うと、しっくいや板などの材料自体が湿気を通すというよりも、板と板の隙間から抜けたり、土壁が水分を吸収できる容量が大きいので、湿気がこもらなかったりしているだけなのかもしれませんが。

また、柱を隠してしまわず、室内側に見せてしまうのが良いです。(柱が見える作り方を、真壁と言います)

真壁にすると、仮に、柱が濡れても乾いていくので、柱が腐るのを防ぐことができます。


今日見た現場も、なにもわざわざ壁の中に湿気を閉じ込めようとしているのではなく、完成後に室内側の湿気(生活していると、外より室内の湿度が高くなることが多々あります)が壁内に入り込んで、壁内で結露するのを防ぐ目的でやっています。

ただ、建築中に雨に濡れることなんかは想定していないと思われます。

工場から出荷された状態を維持できれば、それは理想的な工法なのかもしれません。

でも、日本では、それは不可能です。1週間、雨が降らない季節なんてそうそうありません。

現場で働いている人たちも、「晴れが1週間続いてから気密フィルムを張ろう」なんて考えていないわけで。

100%を求めても、現場では実現できないし、想定していない事態が起きた場合は、対処ができないと思います。

(例えば、2階で大量に水をこぼして、1階の壁の中に水が浸み込んでしまうと、壁を切り開けないと壁の中は乾かない、とか)

何事にも「逃げ」が必要だと思います。

というわけで、長くなりましたが、雨の日に思う「木造住宅と湿気について」でした。
スポンサーサイト

明けましておめでとうございます

約半年ぶりです。

このブログを読んでいる人はいないかもしれませんが、自分の忘備録として、考えたことを忘れないように書いています。

実は今日書こうと思った内容は、半年前に最後に書いた内容とちょっと似ています。

久しぶりにブログを開いてビックリしました。

さて、本文です。

最近、僕は夢を語るのが好きだという話です。

昨日、民家再生協会の会議でした。

2月と3月にひとつずつイベントを開催するので、その打ち合わせでしたが、内容が割とアッサリしているので、

ほとんどが、雑談でした。

雑談でしたが、これがとても刺激的な内容だったのです。

建築や木材業界の現在の話、なぜこのような現状になっているのか、これからの業界がどうなっていくのか、などいろんな話をしました。

そして、結局たどりつくのは、じゃあこれから僕たちがどうしていきたいか、の話になります。

夢のある大きな話をしました。

実現できたら、かなり面白いことになります。

話が大きすぎて実現できないかもしれないけど、やらないうちからできないと決めつけてしまっては、実現するはずもありません。

みんなと話していたら、何だか実現できそうな気がしてきました。


そして、日付が変わって、今日、また夢を語り合いました。

今度は、知人の不動産屋さんと。

これも、実現できればかなり面白い話。

いや~、夢を語るのは楽しいです。

同じ方向を向いている人と話したら、実現できそうな気がしてきます。

あとは、いろんなところでいろんな人に話をして、話を煮詰めて、実現に向かって行動すればいいのです。

長い道のりですが。


と、そんなことを考えながらやっている作業は、60年ほど前に建てられた門の移築です。

屋根回りが腐っていたので、部材を作り替えたり、部分補修したりしています。

今日は、反り屋根の曲がり垂木を作りました。

垂木とは、屋根瓦を載せる下地板を支えるための、斜めにかかっている材料です。

曲がり垂木―小
これが元々使われていた垂木です。ところどころ腐ってます。釘も抜けないやつがたくさんあります。

曲がり垂木1―小
型板です。これで型を取って、新しい垂木を作ります。

曲がり垂木2―小
型板で書いた線に沿って、帯鋸(おびのこ)という機械で、切っていきます。これだけ曲がっていても、意外と機械加工が可能だったりします。

曲がり垂木3―小
できました。

部材だけを見てもわからないと思いますので、完成写真を後日載せるつもりです。なるべく・・・載せるつもりです・・・

僕は、古い建物を扱う時は、当時の大工さんが何を考えて仕事をしたか考えながら作業します。

この形には意味があるんだろうな~とか、ここはちょっと手を抜いてるな~とか。

夢のような未来のことを考えながら、自分よりもはるかに年上の古い建物の事を考えて仕事をする。

これ、面白くないですか^^


さて、今から、職人の育成に関して夢を語るべく、ある人に電話します。

これは遠い未来ではなく、すぐにでも実現しないといけない、夢の話^^

では。

民家再生協会

今夜は民家再生協会の会議。

昨年度より、九州沖縄地区の事務局をすることになり、今年度から協会の理事となりました。

ほぼ月一回ペースであるこの会議には、福岡県内のメンバーを中心に、佐賀、熊本、大分などのかなり広範囲から運営委員が集まります。

今日の運営委員会、なんだかスッキリ。

仕事のことでいろいろ考えることがあって、モヤモヤしながら行ったということもあるのかもしれませんが、

会議が終わると、頭スッキリ。

仕事の悩みが解決したわけではありません。

会議で、いろいろなことを考え、皆さんと意見を摺り合わせて、物事を決めるということが、自分の頭の中を整理するということに繋がっているのではないかと思います。

で、

この会議のいいところは、会議の目的がハッキリ絞られいて、

しかも、決めきる、というところです。

あいまいにしない、先延ばしにしない、次回までにやってくることを決める、

あんまり頻繁に集まれないこともあって、とても内容の濃い会議になります。

いやー、今日の会議は気持ち良かった。

仕事の悩みは解決していませんが(笑)

完成見学会

大変、長らく、お休みしていました、このブログ。

facebookを使い始めてから、ブログを書く機会が激減してしまいました。

今日から復活!

といきたいところですが、

やっぱり、またご無沙汰してしまいそうな気もします。。。


さて、表題の件ですが、当社施工の木造住宅の完成見学会を開催します。


昨年9月に着工し、11月に上棟して、12月に泥壁のワークショップを行った現場が、ようやく竣工を迎えます。

みなさまのご要望にお応えして、完成見学会を開催いたします。

日時:6月1日(日)10:00~17:00
場所:福岡市早良区


見学を希望される方は、0940393123までお電話ください。 詳細をお伝えします。

当日は、なるべく現場にいるようにしますが、外に出ている時間帯もあります。

事前に連絡をいただければ、時間を合わせることができますので、必ず連絡をしてから来てくださるよう、お願い申し上げます。

それでは、皆さんのご来場をお待ちしております。

作業場

今回の移転と一緒に、大型の木工機械を導入しました。

新事務所3

右から
・万能機
・集塵機
・帯鋸
・超仕上げ

この機械たちは、大分からやってきました。

大分の大先輩の大工さんから「機械いらんか?」と連絡をいただき、話を聞いてみると、

大分市で工務店をやっていた大工さんが、機械の引き取り手を探している、と。

僕たちが興味を示すと、

大先輩は、直接の知り合いではなかったその工務店に連絡をしてくれて、

さらに、機械の下見までしてくれて、

さらに、僕たちが実際の機械を見る段取りまでしてくれました。

とても程度の良い機械たちでした。手入れが行き届いています。

機械に対する愛情を感じました。

そして今年の1月8日、うちの職人たちと機械を引き取りに行きました。

段取りをしてくれた大先輩も手伝いに駆けつけてくれました。

感謝してもしきれません。


「生かされている」ということを強く実感する出来事でした。


染谷さん、安部さん、ありがとうございました!!

プロフィール

TAKU IKEO

Author:TAKU IKEO
長崎出身。
九州大学建築学科を卒業後、国家プロジェクト・大工育成塾に入塾。
大工育成塾修了後、受け入れ工務店の『建築工房 悠山想』で大工工事全般に従事。
悠山想の仕事とは別に、同志の滝口亮太と『T.R.Factory』として活動し、現在は(株)住幸房を設立、住まいを幸せでいっぱいにすることを目標に活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。